トップイメージ

症状と漢方薬

漢方薬は、長い間の経験によって様々な症状に合うものが発見されています


東洋医学と西洋医学

普段、我々が行く病院は西洋医学をベースとしたものが大半です
西洋医学は、物理的な組織・・・血管やリンパ管等々を研究してきて発展しました
それに対して、東洋医学は、陰陽・虚と実・経絡・経穴、等の生身の人間の気の流れを考慮したものです
ですから、それぞれ得意分野があって、西洋医学は目に見える内臓疾患や怪我の治療に適していますし、東洋医学は、目に見えない疾患・・・肩こりやアレルギー等の治療に適していると言えます
しかし、東洋医学はその研究が進むにつれて、対象とする症状の範囲を広げています


漢方薬とは

漢方治療では、生薬(しょうやく)と呼ばれている薬としての効果のある動植物や鉱物を幾つか組み合わせた薬を用いています
これが漢方薬です
生薬の効果や配合の仕方は、長い間の臨床経験から徐々に体系化されてきたものです
一般的に漢方薬は穏やかな作用をするのが特徴です
身体全体に作用するものであり、西洋医学の様に特定の病巣だけに的を絞って直接作用するのとは異なります


一方、現代の医療で通常用いられる現代薬、すなわち西洋薬や化学薬は、有効な成分だけを分離して、精製したなので、非常に効力があり治療の目標とする病巣部位に直接作用します


それぞれに一長一短があります
身体全体に穏やかに作用する漢方薬は、老人性疾患やアレルギー性疾患等の全身的な慢性疾患に有効とされ、良く用いられます


漢方治療は、日本では1976年に当時の厚生省が漢方薬の健康保険適用を承認して以来、広く普及してきました
最近では、大学病院や公立病院でも漢方治療を取り入れる所が増えてきています
また、西洋医療と組み合わせる事によって、効率よく治療を進めて、効果を発揮しているケースもあります


漢方薬の基本知識

症状別の漢方薬

スポンサードリンク

リンク

サイトメニュー

Copyright (C) 2008 症状と漢方薬. All Rights Reserved.