トップイメージ

症状と漢方薬 漢方薬の基本知識 陰陽五行思想

漢方薬からはちょっと離れますが、古くからある陰陽五行思想について説明します。


陰陽五行思想

陰陽五行思想は陰陽思想と五行思想を結びつけたものです。
陰陽(いんよう)というのは、この世の中のあらゆるものを陰(いん)と陽(よう)のどちらかに分けていくという考え方で、古代の中国で生まれました。
陰と陽は対になっていて互いに影響を及ぼしあっているという考えです。
例えば、男と女、太陽と月、光と影の様な関係ですね。
五行思想というのは、万物は「木火土金水」という五つの要素により成り立つという考え方です。

陰陽五行説では、木、火、土、金、水、(もく、か、ど、ごん、すい)という五行にそれぞれ陰陽二つずつがあり、合計10個を物事の基本とする説のことです。

この陰陽五行思想が仏教とともに日本に伝わり、天文・暦・易に応用され、人間界の吉凶を占う技術とされました。
当初は、中国・漢文・仏教の強い結びつきの為、僧侶が陰陽五行思想を担っていましたが、やがて日本的な思想に代わり陰陽師(おんみょうじ)が現れました。
7世紀頃のことです。
当初は政府の機関として組織化され、陰陽師は国家に属していました。
やがて陰陽道を極めたとされた安倍晴明が登場します。
陰陽師は大きな力を持つようになりますが、明治になって政府が陰陽道は迷信であるとして廃止され、急速にすたれました。

漢方の世界では古くから陰陽五行思想に基づいて人体の状態を診てきていました。
もちろん陰陽五行思想だけで判断しているわけではありません。


漢方薬の基本知識

症状別の漢方薬

スポンサードリンク

リンク

サイトメニュー

Copyright (C) 2008 症状と漢方薬. All Rights Reserved.