トップイメージ

症状と漢方薬 症状別 花粉症

症状ごとに漢方薬をどう飲んで行けば良いのかを見てみましょう


花粉症

鼻アレルギーの症状には、くしゃみ・鼻づまり・鼻水等があります その他にも、涙がとまらなくなる、顔や鼻がむずむずする、目がかゆい、といった症状が出る事もあります 特に花粉症には、毎年春先になると多くの人が苦しめられます 花粉症は鼻アレルギーのなかでも、ある特定の時期に発病することから「季節性」と呼ばれます 一方、室内のほこりやペットの毛、家ダニなどが原因で起こる鼻アレルギーは、「通年性」といわれます 漢方薬で鼻アレルギーに広く用いられるのが、「ショウセイリユウトウ」です 体力が中程度ある人に主に処方され、鼻水や鼻づまりに効果があります しかし、この薬を用いると、胃腸障害を起こすというケースでは、「リョウカンキョウミシンゲニントウ」が用いられます この薬は、冷えにも効果があります 目や顔のかゆみがある場合には、「エッピカジュツトウ」「ビャッコカニンイントウ」が用いられます これらの薬は、体力がある実証のタイプ向きです 虚証の人に用いる場合は、量を減らします 花粉症の初期に、体力のある実証の人に用いられるのは、「マキョウカンセキトウ」です ただし、注意しなければならないのは、漢方薬は西洋薬と違い、病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません 病気の人それぞれの「」といって、体質・体力・抵抗力・病気の進行具合などを総合的に判断して用いる漢方薬を決定するのです 証の判断は、漢方医学の専門家にまかせるのが理想的です ここで示した漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください

漢方薬の基本知識

症状別の漢方薬

スポンサードリンク

リンク

サイトメニュー

Copyright (C) 2008 症状と漢方薬. All Rights Reserved.