トップイメージ

症状と漢方薬 症状別 風邪

症状ごとに漢方薬をどう飲んで行けば良いのかを見てみましょう


風邪

一口に風邪と言っても、その症状や原因は様々です
症状を見ると、悪寒(おかん)・発熱・頭痛・倦怠感・関節痛など、色々あり、しかも複数の症状が同時に現れる事も結構多いですね
また、風邪の原因となるウィルスは、100種類以上あると言われています
また、寒さなどの環境も風邪の原因となることがあります

漢方医学では、その人の症状によって、まず、二つのタイプに分けます
体力があって発熱や頭痛、喉頭痛などの痛みを伴うものを「陽証」といいます
一方、体力が衰えていて、悪寒や全身の倦怠感があるものは「陰証」とされます
さらに、漢方薬を選択する重要なキーとして身体のどこに症状が現れているのかという要素があります


風邪に効く漢方薬

陽証で初期の場合(多くは体力が充実していて、頭痛や悪寒といった症状が現れます)、「葛根湯(かっこんとう)」が効きます
悪寒がしたらすぐに葛根湯を飲むのが、早く治すポイントです
一方、同じ様な症状でも、虚弱な体質の方には「桂枝湯(けいしとう)」が効きます
さらに、体力が低下していて不安や不眠といった精神症状を伴う場合には、陰証ですから「香蘇散(こうそさん)」が適しています


注意点

漢方薬は、西洋薬とは違い、病名や症状だけを元に適切な処方を選択することは出来ません
「証」といって、病気の人それぞれの体質・体力・病気の進行具合・抵抗力などを総合的に判断して、用いる漢方薬を決定します
証の判断は、漢方医学の専門家にまかせるのが理想的です
ここで名前を挙げている漢方薬は、あくまでもおおよその目安と考えてください

漢方薬の基本知識

症状別の漢方薬

スポンサードリンク

リンク

サイトメニュー

Copyright (C) 2008 症状と漢方薬. All Rights Reserved.