漢方薬

漢方薬と症状 症状別 更年期障害

症状ごとに漢方薬をどう飲んで行けば良いのかを見てみましょう


更年期障害

閉経前後の5年を更年期といいます。
おおよそ、45歳から55歳頃ですね。
この頃にホルモンの分泌が急激に低下してさまざまなことが起こります。
これらをまとめて更年期障害といいます。

更年期障害の症状として多いのは、肩こりです。
その他、疲れやすくなったり、頭痛やのぼせ、も多いです。
精神的な面を見ても、不眠やイライラといったような症状が現れます。

この様に、はっきりとした疾患があるわけではなく、何となく体調が優れない状態を、不定愁訴(ふていしゅうそ)といいます。
実はこの不定愁訴こそ、漢方の得意とする分野なのです。

西洋医学では説明が出来ないのです。

漢方ではその人の状態によって処方する漢方薬が異なりますが、
更年期障害でよく使われるのは、加味逍遙散(かみしょうようさん)という漢方薬です。

この薬は、「血(けつ)」が不足して「気」が余った状態に効きます。
「気」が熱に変わって、上に上がっていきます。

「加味逍遙散(かみしょうようさん)」は、「気」を下に降ろし、たまった熱を冷やします。
さらに、不足している「血(けつ)」を補って、体のバランスを整えていきます。


サイトメニュー

Copyright (C) 2008 漢方薬と症状. All Rights Reserved.