トップイメージ

症状と漢方薬 症状別 めまい

症状ごとに漢方薬をどう飲んで行けば良いのかを見てみましょう


めまい

漢方医学では、めまいというのは気・血・水の異常としてとらえています。
そのなかでもめまいと水の異常は密接に関わっているとされています。
水の異常と言うのは、体内の水分代謝の異常のことで、この場合には「朮 (ジュツ)」や「茯苓 (ブクリョウ)」が効果があります。

体力が弱っているために、めまいがする場合には、「真武湯(シンブトウ)」を処方します。
口が渇いていたり、尿が少なくて、むくみがある場合には、「五苓散(ゴレイサン)」「柴苓湯(サイレイトウ)」等を処方します。
これらの漢方薬は水分を排出する作用つまり利尿作用があります。

ただし、漢方薬は、症状だけを見て選択する訳ではありません。
病気の人それぞれの「」によって用いる漢方薬を決定します。
証は、気・血・水の他に虚実陰陽があります。
証の判断は素人には難しいので専門家にまかせるべきです。

めまいというのは、運動感覚や位置感覚の異常ですが、何かの疾患が真の原因の可能性もあります。
ですから漢方薬による治療を始める前に、内科や耳鼻咽喉科の診察を受けるようにしてください。



漢方薬の基本知識

症状別の漢方薬

スポンサードリンク

リンク

サイトメニュー

Copyright (C) 2008 症状と漢方薬. All Rights Reserved.