漢方薬

漢方薬と症状 症状別 ニキビ

症状ごとに漢方薬をどう飲んで行けば良いのかを見てみましょう。


ニキビ

ニキビというのは嫌なものですね。
ニキビの原因は様々です。
また、病院で薬をもらって塗布すると良くなりますが、しばらくするとぶり返してきます。

これらの事からニキビは、原因を絶たないと治らないという事が分かります。

どんな原因であれ、皮膚が炎症を起こしているわけです。
皮脂を取り除いたり殺菌したりする治療ではなく、根本的な原因を治療して再発しないようにしたいものです。

漢方では、症状だけを見るのではなくて体質を見ていくことを重視しています。
漢方薬で、自分の体質に合った最適な治療をしてください。

ニキビの治療に有効と言われている主な漢方薬を紹介します。
実際の仕様の際は専門家の意見を聞いて決めるようにしてください。


・桂枝茯苓丸加?苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)
比較的体力があり、ニキビ、肩こり、足冷え、などの症状がある方に効果があります。
漢方では「血(けつ)」という全身を巡って栄養を運んでいると考えます。
肌の「血(けつ)」が滞るようになると、肌のトラブルが起きやすくなります。
桂枝茯苓丸加?苡仁は「血(けつ)」の巡りを良くする効果があります。

・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
体力中等度以上で、ニキビや鼻づまりの方に効果がああります。
余分な熱を冷やして、「気」を巡らせます。

・清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
体力中等度以上で、赤みのあるニキビに効果があります。
冷え性や胃腸の弱い方には向きません。


皮膚科では治らないニキビの治療には是非漢方薬を使ってみてください。


サイトメニュー

Copyright (C) 2008 漢方薬と症状. All Rights Reserved.