トップイメージ

症状と漢方薬 症状別 神経痛

症状ごとに漢方薬をどう飲んで行けば良いのかを見てみましょう


神経痛

神経痛と言うのは様々な部位に起こります。
その部分の神経が圧迫されるのが原因と言われています。
圧迫される原因は、炎症や虚血のときもありますし、他の病気が原因のときもあります。
他の病気と言うのは、糖尿病とか椎間板ヘルニア等です。
その場合にはその原因となる病気を治療しないと根本の解決にはなりません。

神経痛と言うのは東洋医学としては得意分野です。
しかし他の病気が原因だったら、その病気を西洋医学で治療するか東洋医学で治療するかを決める必要があります。

神経痛全般に効果がある漢方薬としては、「桂枝茯苓丸(ケイシブリョウガン)」「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)」、「麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)」、「芍薬甘草附子湯(シャクヤクカンゾウブシトウ)」などがあります。

「桂枝茯苓丸」・・・体力は標準で、下腹が硬く張っており、血が滞っている(血の道症)場合に、用いられます。
「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」・・・手足に冷えがある体質虚弱な人の場合にもちいます。
「麻黄附子細辛湯」・・・全身の倦怠感が強い陰証の人に処方します。
「芍薬甘草附子湯」・・・筋肉の引きつり感を伴う発作性の痛みに降下があります。五十肩や肩こりなどにも効果があります。



漢方薬の基本知識

症状別の漢方薬

スポンサードリンク

リンク

サイトメニュー

Copyright (C) 2008 症状と漢方薬. All Rights Reserved.